熊本の税理士・公認会計士なら土田公認会計士事務所

言霊4

言霊4

言霊シリーズ4回目です!

言霊① 四 こころざしとは自分の生を輝かせること

「こころざしをはたして、いつの日にか帰らん」

 自分が人生の旅路を終えてどこに帰るのかと考えた時、それは父母のいるところ、魂の故郷だと謳っています。
 
 そして、「こころざし」というのは立身出世のことではなく、この世にいて自分の生を輝かせることであり、愛を持って生きるということです。

 人間というものは永遠の世界に向かって旅を続けている存在です。人間は誰しも大宇宙に生かされた存在で、みんなが深いところで命という絆で結ばれています。

 ですから、生きているうちに身につけた地位や財産は儚く消え去り、この世の生を全うした後は魂の故郷に帰っていくということです。

言霊

コメント

  • このコメントは管理者による承認待ちです。



認証コード7071

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional